世界一てきとーに投資するブログ

投資をいい加減な気持ちでやっていきます。その記録です。

初心者はアクティブ投資かインデックス投資か?

 このブログ一応投資ブログなんですよね。でも最近は面倒臭い事に絡まれてあまりに腹が立って誰だってわかってるだろっていう道徳的なことを書くなど迷走してるので投資のことを書こうと思います。

 

 投資には色んな種類があります。株とか、FX(外国為替)とか、債権とか、不動産とか、金とか、投資信託とかまあ色々あります。

 その中で株化指標等に合わせる形で運用されるインデックス投資とその指標を参考にしつつ自分で考えて売買するアクティブ投資があります。

 

インデックス投資

 インデックス投資は数多ある株価指標等に合わせて合わせる形で運用していきます。

 よく聞く日経平均株価とかTOPIXとかですね。アメリカの場合はダウ平均株価等に当たります。これらの指標はその国を代表する株式会社を選定し株価を平均(株式分割などで株が増えたりするのでそれらも考慮したうえで)をとっています。

 それらの指標がどうなっているかでその国の経済成長を見ることができるわけです。

 インデックス投資は指標に合わせて投資を行っていきます。

 経済が停滞している国でインデックス投資を行ってもタイミングによっては常にマイナスになる可能性も高いです。例えば日本の場合だと、1989年に日経平均38915円の最高値を付けたわけですが、このタイミングでインデックス投資だってがっつり買って今まで何もしていないと今の22600円(2018/8/26)でずっと収支がマイナスです。このようなことが起こらないようにインデックス投資ではドルコスト平均法で積立を行っていくということがおおいです。

 ドルコスト平均法とは多少の上下は関係なく長期的(何十年単位)な見方で淡々と一定の間隔で決まった金額を投資をする手法になります。例えばひと月1万ずつ投資するなどですね。

 

買付日 毎月購入 株価 購入数 収支
2018年3月1日 10000 2000 5 10000
2018年4月1日 10000 1900 5.263158 9500
2018年5月1日 10000 1800 5.555556 9000
2018年6月1日 10000 1900 5.263158 9500
2018年7月1日 10000 1950 5.128205 9750
2018年8月1日 10000 2000 5 10000
2018年9月1日 10000 2100 4.761905 10500
2018年10月1日 10000 2200 4.545455 11000
2018年11月1日 10000 1900 5.263158 9500
2018年12月1日 10000 1800 5.555556 9000
2019年1月1日 10000 1900 5.263158 9500
2019年2月1日 10000 2000 5 10000
2019年3月1日 10000 2100 4.761905 10500
2019年4月1日 10000 2200 4.545455 11000
2019年5月1日 10000 2500 4 12500
合計 150000   74.90667 187266.7

 

 これは一例です。最初は2000円だったのが最後は2500円です。その間株価は値動きし続けます。2018年5月1日には株価が下がっているので計30000円も投資してるのに28500円で-1500円で収支はマイナスです。が、長期投資で最終的に上がると分かっていると安いときに多く買うことが出来るので毎月一万貯金するよりも株価が上がったときにはプラスのリターンになります。

 インデックス投資は資本主義経済は常に成長していくだろうという考えを元に投資します。投資途中で多少下がっても最終的に株価が上がるので、経済成長に合わせて一定のリターンを得る事が可能というわけです。とはいえ、経済成長が乏しい国にインデックス投資をしてもリターンは少ないです。日本の場合は経済成長が止まったり下がったりしたことがあったのですが民主党政権あたりからインデックス投資をしていたら爆益だったと思います。(私もその時期から投資したかった。投資危ない勢まじ厄介)

 インデックス投資は一つ一つの株の買付等を行うのが面倒な為、投資信託会社など扱われている商品を定期的に買付するのが一般的です。ノーロード×バランス×信託報酬低めがよいと思います。

 

 

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

 

  古い本ですがインデックス投資を紹介したもので有名です。実践されてる方できっちり効果出てる人もいますね。2倍近く資産を増やしたそうです。

 

note.mu

 

 2013年版の方が短くて100円で読みやすいのでこちらの方から見てさらっとみるのもよいかも知れません。

 

お金は銀行に預けるな 2013年度版

お金は銀行に預けるな 2013年度版

 

  

 アクティブ投資


 大体の人がイメージする株で買ったり売ったり損したり得したりするアレです。FXで貯金なくなったとか、株で結婚資金使った婚約者にどう説明しようとかアレ。
 インデックスが経済の成長と合わせて投資していくのに対し、インデックス以上の成果を目指して資産を売買します。
 短い期間でトレードする場合や中・長期でトレードする場合だったり方法は多岐にわたるので、インデックス投資以外の投資方法と考えた方がいいでしょう。
 インデックス&ドルコスト平均法投資が経済の流れに合わせて時間分散して投資していくのと違って、リスクは高めです。
 
 

初心者はどちらがいいのか

 インデックス&ドルコスト平均法でいいんじゃない?ちきりんも勝間さんもバフェットも言ってたし。
 投げやりな感じですが、投資に初心者が入っていくには知識が圧倒的に足りないんですよね。株をやるにしても手法とかめっちゃ多い。
 選択肢が幅広すぎて何をやればいいのかわからない。でも投資は始めないと始まらない。
 とりあえずリスク低めでやってみたいって方は貯金感覚でやれるインデックス投資がいいんじゃないですかね。インデックスだって世界経済がえらいことになったらめちゃくちゃ影響受けて投資額の半分になったりするのでリスクが全くないというわけではないのですが、ドルコスト平均法を併用することで時間分散できますしね。

 インデックス投資を始める上で投資信託を選ぶ必要があるのですが、選択肢はアクティブ投資程多くないので選びやすいです。(株は日本だけで3000種類以上ある)

 

 とはいえインデックス投資って投資してる感が無いんですよね。一回手続きしたらほぼ放置でいいんで。

http://livedoor.blogimg.jp/jigokuno_misawa/imgs/3/7/3725cf20.gif

 

 

 こういう感じがない。高騰時のドヤ感とか含み損抱えてるとの冷や汗とか慌てて売って買ってスプレッドーーーーーー!!ってキレたりするみたいなのがない。

 ほんとにこれでいいのか?あってるか?みたいな戸惑いとか、冷や汗とかそういうのがないのでスリルが無くてあんま面白くないです。投資に楽しさなんか求めてない、含み損なんて嫌だ!確実に資産を増加したいだけだ!って方はアクティブ投資向きじゃないでしょうけどね。*1投資を趣味にしたい方は少ない金額から株とかやってみるのも面白いと思いますよ。

*1:インデックス投資も含み損はあります。