世界一てきとーに投資するブログ

投資をいい加減な気持ちでやっていきます。その記録です。

何故人に「死ね」と言ってはいけないのか、そのリスクについて

 人に「死ね」と言ってはいけません。言う人は言うんでしょうが、軽々しく言う人はおそらくそのリスクの強さが正確に計れていない人可能性が高いです*1

 道徳的なお話だけではなくそのリスクを大まかに書いていこうと思います。私がぱっと思いうかんだのが以下の点です。

 

  • 人を傷つけるから
  • 訴訟リスクがあるから
  • 言った場合の影響が計れないから

 

人を傷つけるから

 どうとくの時間でやるのかどうかは知りませんが個人的には小学生時代で卒業してほしい内容です。

 「死ね」という言葉は人を傷つけます。

 それは人によって様々に受け取り方は違います。まともに受け取る人、相手が悪いと流す人、気が狂ってるって嘲笑って対応する人、気にしないようにしようと思い込む人。「死ね」とどこまで深く広く接してきたかにもよるでしょう。子どもの内は接している世界が狭くその影響を受けやすいですし、大人になると世界には色んな人がいると知り、そういう人もいるんだなと流すようになる人も多いです。傷つき方は人によって様々ですが、それでも確実に傷つきます。

 何故なら「死ね」は人の存在をまるごと否定する言葉です。自分が生まれて生きてきた人生、背景、そこにあることも全て丸っとたった2文字で表現する言葉です。

 使わないで生きましょう。相手を酷い言葉で傷つけたところでメリットは極小ですよ。一回悦に入るくらいです。

 

 相手の存在や価値を否定する言葉を放つリスクは様々です。自分にとって都合の悪い言葉を封殺したいと思ってもどうしても気にくわない相手でも基本的に言ってはいけません。(深い関係性を築いていてその意味が冗談として通じる場合は別です)

 どうしても殺意が沸いて使いたい場合はあらゆることを考慮して使うべきでしょう。以下に考慮すべき点を書いています。

 

訴訟リスクがあるから

 SNSをBAN(アカウントを強制停止させられること)されるくらいならまあいいですが、訴えられる場合があります。悪質性が認められたら訴訟可能です。

 

ネット上で「死ね」書き込みは、「殺害予告」に当たらない?微妙な表現の差が判決を左右 | ビジネスジャーナル

 

 上記の記事が殺害予告じゃないから安いですが被告に対して「33万円」の支払い命令が出ています。当然相手には住所もバレるし、ニュースもこうやって出ますよね。当然のことですが、相手に対して生きていること自体を否定するを吐いておいて軽い気持ちでやったなんてのは通じません

 とはいえある人が言うには普通の人は訴訟しないらしいですが、例えば言った先がたまたま誹謗中傷・暴言などの訴訟を研究して訴訟の手順を確立させたいとか、普通じゃなった場合とか、子どもが不登校になったとか、様々な人からも次々と罵倒を受けてていい加減死にたくなってきたとか様々な可能性がありますよね。

 様々な人からの誹謗中傷行為で被害を受け続けた有名な事件としてスマイリーキクチさん件等があります。

 

スマイリーキクチ中傷被害事件 - Wikipedia

 

「他の人は何度もやっているのに、なぜ一度しかやっていない自分が捕まるのか」と被害者意識をあらわにした

 

 被害者は暴言や誹謗中傷に傷つけられた人です。酷い暴言や誹謗中傷などを行ってきておいて他人のせいにするのはやめましょうね。

 

言った場合の影響が計れないから

 例えば軽々しく「死ね」と使った場合を考えます。その相手がたまたま死んだとしましょう。交通事故や他の事故にあった場合は罪の意識もそれほどではないかもしれませんが、ネット上の罵倒が辛くなって自殺とかされた場合は発言者は殺人の一端を担ったことになります。法上では強く罰せられないでしょう。でも発言者の罪悪感はどんどん増していきます。発言した側は自分が悪くないと強く思い込むか、自分が殺したとして罪悪感のままに生涯を送ることになるかもしれません。また自殺した相手の親族や親しい友人からは酷く憎まれることになるでしょう。

 言った先がどんな状況なのかはわかりません。ネット上だと特にです。ネット上の顔は人の一面でしかありません。自信満々な相手だって、明るい相手だって、ふてぶてしい相手だって、死にそうに見えない人がいきなり死んだり、殺されたりします。

 前述のとおり「死ね」と言われた人には様々な状況があります。逆に恨みを募らせる場合もあるでしょう。言われた人が「死ね」と思う場合もありますよね。軽々しくいった言葉を深く受け取った場合には発言者が想定していないほどの殺意を抱かれる可能性だって否定できません。「死ね」は人の存在をまるごと否定する言葉だからです。発言者の吐いた言葉はどんな形で返ってくるのかは分からないのです。強い否定の言葉であればあるほど人に与える言葉の影響度が深く強くなります。

 もしもの時に自分に非がある状況を作らないのが大切です。法的にも心理的にも。

最後に

 これらの罵倒言葉などを吐きたいような気分になっていると、冷静な判断や相手の話を聞くのが難しくなります。というのも「死ね」と軽々しく使ってる場合は相手を理解することを放棄して見下しているから使われる場合が多いからです。

 悪い奴を叩けと煽るように先導する人がいます。その人(人に限らずメディアなども)は自分の影響力を利用して対象の悪い印象だけ取り上げて記事にして悪感情を操作します。それに煽られて相手を悪い奴判定して見下して安易に暴言を吐いてはいけません。悪い奴を成敗するという状況は恐ろしいほどの麻薬的な中毒性を発します。そしてエスカレートしていきます。悪い奴は傷つけてもいい、悪い奴をどんな扱いをしてもいい、とです。安易な暴言は対象者のみならず発言者の名誉と心を傷つけます。

 

 それでもどうしても自分の「死ね」という言葉が消えない場合は、カウンセリングに頼りましょう。今は対面でなくとも、電話カウンセリングやメールカウンセリング等もあります。あなたの殺意はあなたにとっては大切なものなんでしょう。話を聞いてもらって第三者の視点を視点を借りたら違う発露の仕方があるかもしれません。

 

*1:リスクがあっても言いたい人は勝手にしてください。私に向かってきた場合は然るべき処置を取ります

自覚がない正義マンは性質が悪い

id:fhome さんへ

fhome.hateblo.jp

 

こちらで反論頂いたので、まず誤りがありますので回答しますね。

 

図解 ネット刺殺事件の全貌「低能先生」と記号化された人間とHagexとネットいじめの温床Hatena - fhome’s blog

 

 という記事に対して、批判を受けたものがネットリンチに加担したように誤解を受けるような記述が散見されることに対して、釘をさすつもりで言及しました。

 今度はIDコールをされた者に対して正義の名のもとのネットリンチがあるかもしれないからです。はてな界隈だったらIDコールの被害者に対して理解がありますが、あなたの書いた記事ははてな以外にも拡散されます。通りすがりの人にまたIDコールを受けた者が殴られる危険性があります。

 

私はブコメでもこのようなことを残しているのですが、

 

図解で見るネット刺殺事件の全貌「低能先生」と記号化された人間とHagexとネットいじめの温床Hatena - fhome’s blog

私のnote読んで実際IDコールの内容を見てほしい。私は一切リンチ的な行為をやっていないのにも関わらずIDコールを受けた被害者なので。あの人ブコメの内容すらまともに見ていなかった。<a href="https://note.mu/yuma_tekito/n/n5af3164a8a8d" target="_blank" rel="noopener nofollow">https://note.mu/yuma_tekito/n/n5af3164a8a8d

2018/06/28 11:51

 

 これだと実際どんなIDコールを受けたのか、私がどんな誹謗中傷を受けたのか書ききれなかったために記事にしました。

 

2.それにも関わらず話が通用しなかったので、やはり迷惑ユーザに過ぎないと考えている、故に当ブログの擁護は不当である

 

 従って上記は誤りです。というか「迷惑ユーザーに過ぎない」も「当ブログの擁護は不当」なんてどこにも書いてないんですけど。文脈でも書いてないです。匿名で誹謗中傷を行うようなことはやめましょう。暴力をふるうのはやめましょうが大事なところです。要約できないのであれば、要約はやめた方がいいですよ。誤解を招くので。

 

 あなたの正義感は勝手にすればいいですけど、自分の正義という名のエゴが人を殴っている自覚がありますか?

 

松本エラー率100%で原理原則なんてない無差別テロ犯みたいな存在なんでしょうが、その事象の外からみると、申し訳ないけど、それは5%(仮に)程度のエラー事象に過ぎないのですよ。それによって95%の原理がなくなることはありえません。

 

 あのですね「死ね」「ゴミカス」と言われて、それでエラー事象とかあなたは勝手すぎるんですよね。自分の正義が大事なばかりにそこに傷つけられてる人を全く見ようともしていない。

 私は他の印象操作を出来るだけしないように自分が受けた事実だけ書きました。被害者や加害者の実際の内心がどうあったかなんて当事者しか分からないからです。それを自分の見える範囲だから~って決めつけて、更に彼の行った行動の誤りをエラーだから少数だからで片付けて、「端数処理にきわめて慎重なアプローチを取っている」ですか。凄いですね。

 そもそもですけど、IDコールを受けた側は95%ネットリンチに加担していた人なんでしょうか?例えば95%と書いてましたが実際は60%だったら?40%だったら?あなたは自分では公平なつもりかもしれないですけど、公平じゃないですよ。何故なら事実に基づいた情報を提示せずに自分の論拠を固持する為にそこに明確な被害者がいたことから眼を背けているからです。

 

 いきなりIDコールをうけて傷ついてる人はいますよ。私は傷つきました。だから反論や訴訟等のアプローチをとったのです。見知らぬ人に突然殴られて黙って殴られてやる義理はどこにありますか?

 

これって精神的ストレス半端ない人、死にそうな人、脅迫で夜も寝られない人、っていうより、自尊心で相手にファイティングポーズ取ってる様なんですよ。

 

 

 傷ついた人が何故ファイティングポーズをとってはならないのでしょうか?そもそも何故「精神的ストレス半端ない人、死にそうな人、脅迫で夜も寝られない人」と断じることが出来るのでしょうか?それってあなたの思い込みですよね?そういう思い込みによる断定はやめてください。

 

 何度も言いますが、人を誹謗中傷してはいけないし、サンドバックにしてはいけないんですよ。あの人は気軽に人に「死ね」という言葉を使い、罵倒して数多の人を不快な気分にさせ傷つけました(傷ついてないって方もいらっしゃるでしょうけど)。

 少なくとも私は傷つきました。私は都合の良いストレス解消のためのサンドバックじゃないんですよ。

 

これって、まあ脅しではあるんですよ。交渉術のひとつではあるが、穏当なやり口の部類じゃない。相手を力でねじ伏せることを愉しみながらやる方法だ。 

 

 こっちは真剣にやってんのに「愉しみながら」??先に「死ね」「ゴミカス」って言われてるのわかってますか?彼のブコメをみたらわかりますけど、話が通じない、「死ね」と言われる。自分は普通にサービスを使いたいのにIDコールで邪魔をする。通報してもまた次のアカウントとって執拗に罵倒してくる。話をしたっていいけど、せめて罵倒言葉をやめないと話にならないし凄くストレスが溜まる。相手は聞く耳を持たない、だから法を使うっていう手段に出ただけですけど、あなたは不当に殴られ続けろって言ってます?

 人を思い込みで「愉しみながら」「精神的ストレス半端ない人じゃない」とか断じられる方は分からないでしょうけど、足りない頭で色々考えてるんですよ。

 会話に失敗しても匿名で罵倒を行う者への一つの対処法になるとかね。ネットリンチやネット嫌がらせストーカーに困ってる人は沢山いますからね。色んなサービス上で様々な匿名での罵倒行為を見てきました。だからずっとこういう行為をなんとかしたいと思ってました。

 

 

あなたは、Hatena界隈のネットリンチする当事者どころか憎むサイドの人間だった、松本氏からの誤爆にあったのは気の毒、しかしその後の人生かけたエスカレーションて必要ですか?正当化できるんですか?

 

 必要はそうじゃないかを決めるのはあなたじゃない。私だ。「正当化できるんですか?」とは何様のつもりですか?人の不当な扱いを単なる気の毒と矮小化し、彼の暴言や行動は引っ込みがつかなくなった仕方ないと流すあなたは自分の論拠にとって有利かどうかしか考えていない。私はあなたの正義ごっこに付き合ってる時間はありません。

 

 「死ね」「ゴミカス」「復讐する」等はリスクがある言葉です。それを分かってもらうために訴訟の手順を段階を追って警告していきました。前述のとおり匿名での嫌がらせの罵倒にどう対応すべきかの確立も兼ねています。そして相手が「死ね」を本気で思っていたらという可能性も考慮していました。そうなった場合に相手の場所を把握することは必要ですからね。

 

 「死ね」というのはその時点は本気じゃなかった、言葉の綾だって言ってももう彼は人を殺してるので、なんの説得力もなくなっちゃってます。彼の暴言は形になってしまった。その暴言とともに吐かれたなにがしかの意見も犯行声明に成り果てました。極めて残念です。

 汚い言葉を使うなと書きました。そうじゃないと彼の意見は伝わらず不快さだけを溜めていくだけだからです。彼は汚い言葉を使わずに反論しないで私の前からは消えました。これは2月の話です。

 そして暫くしたあと私以外の人にまたIDコールをして汚い言葉で罵倒していたようです。匿名で安全な位置から人を罵倒するくせに私が反撃したから逃げて別のターゲットをサンドバックにしてるんです。己の正義感というエゴに酔いしれる為に。勝手に人の内心を決めつけ貶めるあなたと似てる部分がありますね。

 

 最後に、私は monappyではありません。monappyさん(いるかわかりませんけど)と私に失礼なんで訂正してもらえないでしょうか?

人に対して誹謗中傷を行うな

 ブコメって短いんですよね。私の言いたいことが全然伝わらないんのでブログに書こうと思いました。そもそもこの事は書こうと思わなかったんですよ。被害者も加害者も私の書いてる内容によって不利益なことになるかもしれないなって思って。だってどっちも好きじゃないから。でも妙な事実誤認している記事がホットエントリに入っているので怒りのまま書きます。

 

fhome.hateblo.jp

 

これまでHagex氏と同調し、ネットウォッチという名のネットいじめ・ネットリンチの共犯関係であった一連のHatenaユーザを批判する。同時に、彼らがその共犯関係であったことについて、自己正当化するために、本事件の全貌を意図的に隠蔽して歪曲した情報を世間へ流布する自己中心的で身勝手な反社会的行為を批判する。

 

 

 

 この記事には上記のように彼(低能先生と呼ばれている人)に批判を受けた(IDコールをうけた人)がネットリンチに参加した人だみたいな印象操作が行われていました。

 でもIDコールを受けた私は一切ネットリンチに参加していませんでした。というのも私はそういう類のことが大嫌いだからです。IDコールを受けた当時、はあちゅう氏が執拗に叩かれていたときだったのでむしろその空気に批判的でした。その旨をブコメでしたこともあります。

 

f:id:yuma_0211:20180628215239p:plain

f:id:yuma_0211:20180628215327p:plain

 

んでこのあとにうけたIDコールがこれですよ。

 

f:id:yuma_0211:20180209130343p:plain


 分かりますかね。相手の言葉の意味も理解せず、更に自分と同じ意見なのに反射でIDコールで罵ってくるんですよ。ブコメ見てくださいと言っても無駄でした。

 

f:id:yuma_0211:20180209130351p:plain

 

 話が基本的に通じない相手です。私ははあちゅう氏に興味がなかったので関連の記事に最初はブコメしてなかったです。でも彼にはこれが【黙認】になるんですよ。分かりますか?この言葉の通じない感。しかもこれは昼夜問わず行われます。はてなブックマークを使おうと思ったらまず罵倒のIDコールの通知があるんです。めちゃくちゃ不快ですよ。

 

 やってもいないのに私が大嫌いなネットリンチ犯みたいな扱いするわ、人の話を聞かないわ、常に罵倒するわ。こういう人を相手にしなきゃいけない気持ちわかります?しかもブロックしたって通報したってまたアカウントとって何度も罵倒してくるんです。精神的ストレス半端ないです。これで私が死んだらどうするんですか?この記事の人はちゃんと考慮されてるんでしょうか?一方的に罵倒されて死ね死ねいわれて本当に死んだらどうするんですか?実際彼はどうせできないって煽られて行動してたでしょうが。死ねって言われて死なない保証はあるんでしょうか。

 

 彼には自分が批判してる連中と同じことをしてる自覚がなかったんです。匿名で誹謗中傷を行う行為は複数だろうが一人だろうがやっちゃだめですよ。ネットリンチ関係なく、人格攻撃、罵倒、中傷やっちゃだめです。彼は自分の正義という名のエゴの元に自分が嫌いな連中と同じことを一人でやってたんです。

 

 一人一人が自覚すべきなんです。いくら気に入らない相手でも誹謗中傷はやっちゃいけないって。そしたら複数人にもならないんでね。そして誹謗中傷されてる人は対抗する権利がある。大人しくサンドバックなれなんておかしいですよ。

 

 幸いにも私は我が強かったため、彼の言われるまま死ぬこともなく彼の誹謗中傷を証拠集め、煽りながら会話しようとしました。

 

私に「死ね」「ゴミカス」「復讐する」等として脅迫するあなた(fcnau,gaoiyda ,baodiua,gyla)に警告です。【2/10追記】 - 世界一てきとーに投資するブログ

 

(ちょっとの間だけ復刻させますが、あとで消しますね)

 

 やりあうならTwitter上でやりましょう。あなたの好きな匿名も出来ますし、匿名で善良()な私に誹謗中傷を続け脅迫し続けるあなたに相応しい捨てアカも可能ですよ。捨てアカでも構いませんが、アイコンと自己紹介がないと判別できないんでアイコンはつけてください。

 Twitterが短いというならTwitterのDMでも構いません。ただし似たような脅迫行為を行うのであれば、はてなの場合と同じ対応をとります。民事訴訟の準備も粛々と続けて参ります。

私はフォロワー数少ないですからあなたの嫌いなネットリンチになる可能性は少ないです。また、このブログ記事も読者数2の平均PV50程度の弱小ブログなのでリンチになる可能性は低いです。(この記事を閲覧する人はブクマを付けないでください。5ブクマ超えたら非公開にします)

  こんな感じです。記事にも書いてありますが、IDコールではてブ上でやりあうにはあまりにも文字数少なすぎるんですよね。ブクマは議論に向かないですよ(そういう機能ではありませんからね)。なのでTwitter上でやりあおうぜと相手に伝えつつ、訴訟の手続きしなら彼の反応を待っていたのですが、途中で反応がなくなり、記事も5ブクマ超えたので一旦非公開にしました。彼の言動はどう考えてもおかしいし、Hagex氏とかが面白おかしくネタにしてネットリンチの対象になりかねなかったからです。

  5月にまた同じような問題が起こっていたっぽいので、noteにして公開しました。有料なんでブクマはつきにくいし、本当に困った人だけ読むだろうとの考えです。

 

 まあそれもこれも無駄に終わりましたがね。本人が暴力行使するんだもの。

 

 本当なんだったんだろう、時間をかけてストレスたまりながらもやりとりして、汚い言葉を使うな、言論で対抗しろって書いたのもネットリンチにならないように配慮したのも全部意味のない徒労。それどころか全く関係ない人からネットリンチの共犯関係とレッテルを貼られる始末。

 

 結果的に私の行動が彼を追い詰める一端にもなったんだろうなと思うと苦しいし最悪ですよ。過激な言動から追い詰められてる人であることは分かったのに、対処の仕方が強すぎた。それだけが私の反省点で心残りです。

 

 最後に言いたいのは、暴力で訴えた言葉には力がないということです。いくらそれらしいことを言ってても暴力を使うと全て説得力がなくなります。何故なら言葉の力だけで人に気持ちを伝えきれていないからです。自分の言論のなさを暴力で誤魔化してる。

 

 そんな惰弱な言葉は私には届かない。暴力を使うな、言論で勝負しろ。