世界一てきとーに投資するブログ

投資をいい加減な気持ちでやっていきます。その記録です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は国の年金が信じられない人にお勧め!

  2月中に投資内容を粗方決めときたくて色々と調べていました。で、途中iDeCo(個人型確定拠出年金)っていうのが投資ブログで書かれてるの見かけて調べてみました。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは?

  国の代わりに自分で年金を積み立てようって制度です。お国様推奨。

 どうやって積み立てるかというと証券会社の指定の投資商品から好きなものを選んで月々指定の口座から振込して投資商品が買えます。尚、原則60歳まで受け取りは出来ません。自分で月々いくらか掛けて、自分で運用して利益あげて、将来の自分のが受け取ります。国の年金を信じられない人にお勧めです。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット

 え、投資なんて危ないじゃんみたいなイメージもありますが、商品の中には掛けたお金が保証される定期預金なども含まれています。じゃあ、iDeCo使わないで普通に定期預金すればいいじゃんって思いますよね。

 iDeCoには大きなメリットがあります。節税です。投資商品月々買うでしょ?その分儲けたお金に税金がかかりません!!めちゃくちゃ大きいメリットです。普通に投資してたら儲けた分に20%の税金かかるんです。長期投資しかやらない人にとってはこれ以上ないメリットです。

 また月々の掛金の所得控除もできます。掛金分所得税を減らすことができるんですね。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)のデメリット

 投資なので損することもあります。当然ですね。元本保証型の定期預金なら損することはありませんが、利益を出すのも少ないので節税のメリットはそれ程ないと思います。

 10年以上掛けていると60歳から受け取りできますが、それ以前は原則受け取りできません。受け取りは原則60歳からです。なので安定して貯金するのは無理とかすぐ使っちゃうとかいう人は向いてないかもしれません。

 

私がiDeCoを申し込んだ理由

 私は国の年金運用をまるで信じてないので、これから年金をもらえる年齢になったときに、年金が貰えるかどうかめちゃくちゃ不安なんですよね。なんで自分で投資で積み立てて行きたいなーと考えていた時にiDeCoを知りました、丁度長期投資やりたかったんですよ。

 次に、私は民間の保険に入っていないこと。民間の保険に入る気がしなかったのは、自分が大病等を患ったことなかったからなんですけど、そもそも国民健康保険で足りるじゃないですか、高額医療制度とかもありますし。月々貯金してれば病院代だって溜まるわけですよ。とはいえ大病はいつ患うか不安ですし、不意の事故にあって何らかの障害だって抱えないとも言えないわけです。未来は分からないから。

 でもiDeCoって高度障害時に年金か一時金が出るんですね。これは普通の年金でもそうですけど、iDeCo入ってるとiDeCoの方を使えるじゃないですか。そして死亡一時金ですね。私は死んだ後の後始末や葬式代はiDeCoが出してくれます。将来に備えながら積み立てしつつ、節税でき、いざとなったときに出せる!という私にとって最高な制度なわけです。

 

 というわけでiDeCoお勧めです。お勧めしますが、投資ですのでご利用は計画的に!