世界一てきとーに投資するブログ

投資をいい加減な気持ちでやっていきます。その記録です。

仕事の仕方を改善していこう【随時更新(最終更新 1/25)】

 面倒くさいので最近はタイトルに【】つけて、一回記事を作ってリライトしていく方向にしていこうと思ってますね。あんま長いのは読んでくれないかもしれませんが、今適切な分割をする余裕がないんですよね。やりたいこと多すぎなんだよなあ。

 

 最近の私ですが頭がパーンした後なんとか仕事の取り組み方を変えようと努力しています。やり方を人に聞いたり、過去に言われたことを思い出したり、自分で考えてどんどんやり方を変えていってます。んでその記録をしていこうと思って記事を起こしましたので書きます。

1.タスクが多過ぎて溢れそうになって頭がいっぱいになって仕事が上手く進められなくなった場合

 楽ですぐ終わるか、楽しい仕事からやっていく。優先順位や期限は考えない。優先順位や期限を決めるところからうんざりしてる可能性があるからである。まずは仕事のモチベーションを上げるため、楽しい仕事からやる。楽・楽しいタスクをこなしていくと、やる気が出てくる。そうすると優先順位や、計画を立てやすくなる。

 

2.タスクの優先順位が決められない場合

 精神的な負荷や、優先順位が同じく位のものがたくさんある場合等でタスクの優先順位が決められない場合は依頼順から仕事をこなす。1分考えてすぐに問題解決できなそうだったら、依頼人に質問や今他の課題との兼ね合いで返信が遅れます等伝えて返信する(例:「メール確認しました。○○はどういうことでしょうか?」 本当に何も考えられない状態だったら1.をやる。

 依頼順にこなしていけば、その依頼主からの心象がよくなるし、場合によっては仕事を手伝ってくれる可能性もある。

3.仕事は原則溜めないようにする

 ある程度の仕事の解消が済んだら、溜めないようにする為の手順を考えていく。例えば仕事の逐次処理である。依頼された時が一番依頼に対しての理解が早いので記憶が新鮮な内にある程度の処理を行っておくと仕事がたまりにくくなってくる。それでも依頼が来る場合は期限をうんと延ばすし2週間後になりますが大丈夫ですか?と聞く。

 自分の仕事能力を正確に計り、処理能力をオーバーするようなことをしないようにする。

 それくらいできるだろって人には「じゃああなたがやってください」と宣言する。

 「何故できないんだ?」と聞かれた場合はちゃんと言葉を尽くして説明する。説明には自分のタスクの量を正確に計る必要があるので、タスクの洗い出しは常にしておく。

 

4.自分の仕事能力が分からない場合

 1時間タスクを順次こなして、完了したタスクの量を計る。そ

 

5.前日に仕事の計画をねる

 1/24の予定は1/23に練る。そしてアウトプットしておく。できるだけ緻密にでもゆとりを持った計画を立てる。休憩時間やお昼も組み込んでいく。

 

6.最低の目標と最高の目標を立てる

 最低限こなしたい目標と自分のポテンシャルを引き出しらできるであろう最高の目標を立てる。目標は毎日立てて、毎日更新する。

 

 

続く!